このような紹介会社にご注意!

×このような紹介会社にご注意ください!

外国人を紹介する事業者の中には、違法な紹介業を行っているところもございます。
以下のような特徴がないかご確認下さい。

  • 本来は在留資格(ビザ)を取得できない人材を斡旋紹介している(=不法就労助長罪)
  • 「日本語が出来る」と謳いながら、殆ど話せない在日経験の浅い人材を紹介された
  • ビザについての説明が殆ど無かった
  • ビザ申請は外部の第三者へ外注し、入管法の責任を持たない
  • 「既に就労ビザを持っているから」と、転職リスクを説明しない(※前職で取得したビザで、転職先でも有効に就労できるとは限りません)
  • アフターフォローの体制が整っていない
  • 厚生労働大臣に依る有料職業紹介事業の許可を得ていない

事業活動に関し、外国人に不法就労活動をさせたり、あるいは、業として外国人に不法就労活動をさせる行為に関しあっせんしたなど、外国人の不法就労活動を助長した者は、入管法第73条の2第1項の罪により、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処せられます。